ポータルサイト

質問

  1. ホーム
  2. 社外
  3. どちらにいたしましょうか

疑問や不明な点を丸投げするのではなく、下調べをして、何がどのようにわからないかを明確にすることが重要。相手が返答しやすい尋ね方をすると歓迎されます。

どちらにいたしましょうか
使用例 AとBのどちらにいたしましょうか。
解説 桓手に選択を促すフレーズです。
ビジネスメールでは「どっちですか」より「どちらにいたしましょうか」のほうが丁寧で
品があります。

管理者おすすめサイト